FC2ブログ

Tara Holistics Blog

Yoga Aromatherapy Dogs Foods Travel and Life

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

打ち身の時に塗る精油



実は今朝、自宅アプローチ部分の階段でうっかり滑って転倒してしまいました(恥)

犬のさんぽに行こうとしていたまさにそのとき。
コンバースの底は割とフラットなんですね。。コケて初めて気づきました。

左の腰と左の前腕で着地。5秒ほど痛くて動けませんでした。
段差にがっつり腰を打ち付けてしまったので、これはヤバいと思い、家に戻って応急処置することに。

せっかくなので打ち身を精油で治してみよう実験開始!

まずはあらゆる痛みを緩和してくれる「パナウェイ」をヌリヌリ。

いつもこういう時に限って必要な精油が残り僅かな事が多いわたし。
今回もやはり、パナウェイがほぼ空っぽで焦る焦る!

何ごとも応用が大切という教訓を思い出し、パナウェイの主成分であり湿布のあの香りの元である「ウィンターグリーン」を取出し、鎮静&抗炎症作用のあるお馴染み「ラベンダー&ペパーミント」をチョイス。

精油成分は塗ってすぐ真皮層まで浸透し、血流に乗って20分で全身を巡るので、20分おきにこの3種類の精油を痛〜い患部にヌリヌリしました。
同時にアイシングも行い、1時間後には患部の灼熱感がすっきり取れました。

恐る恐る鏡を見てみると、少し腫れています。でも内出血していません。
よくよく痛い所を確認したら、仙骨と腸骨の結合部分「仙腸関節」付近の筋肉やら腱やら軟部組織が炎症している感じでした。
座骨神経も通っている部分だからなのか、左太ももから膝にかけても於痛が走りました。

とりあえず散歩済ませ、3種の精油をひたすら塗り続けて様子見。。

こういったケガの急性期72時間以内は、患部を冷やすことが大切。
急性期を過ぎたら今度は壊れたりダメージを食らった組織を温めたりマッサージしたりして、再生を促すトリートメントを行います。
これ基本らしくマッサージのクラスで学んだ知識ですが、急性期を過ぎた後のケアを十分に行ってくれなかったり教えてくれない医療機関が多いとのこと。。私自身も以前は知りませんでした。
だからケガした箇所の組織がうまく再生できず癒着をおこしたり、可動域が狭くなったり身体のアンバランスを引き起こします。

身体資本の仕事をしてるのでそれは困る。
なので3日後から持てる知識を駆使し、元通りに戻るべく、マッサージに勤しみまーす

それにしても頭打たなくて良かった〜
雨上がりは足元に注意しましょう!(自分への戒めです)

関連記事
スポンサーサイト



| Aromatherapy | 14:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっとー
平気?
まじ、気をつけてね!
一人の体じゃないのよ!

| かなえ | 2014/07/17 10:51 | URL |

Re: タイトルなし

かなえさん、
もう大丈夫。幸い若さで致命傷を回避できましたw
運動神経、反射神経は常に鍛えておかねばねっ!

| HIROMI | 2014/07/19 17:09 | URL |














TRACKBACK URL

http://hiponblog.blog95.fc2.com/tb.php/474-9adb054a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT