FC2ブログ

Tara Holistics Blog

Yoga Aromatherapy Dogs Foods Travel and Life

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シーザーメソッドの復習



最近はボビ飯に馬肉と酵素パウダーをカリカリに混ぜてあげています。

最近読んだ犬の本によると、犬に生の野菜をあげても、その細胞壁を壊す成分が唾液に入っていないので、含まれている微量栄養素などを吸収できないのだそう。。
加熱すれば細胞壁は壊れるけど、熱によって微量栄養素は死んでしまいます。
だからと言って、人間が噛んで唾液で細胞壁を壊してから与えるなんて、鳥みたいなこともできないので、パウダーで補うことにしてます。

馬肉はもう皆さんご存知の通りですね。
ボビも例に漏れず喜んで食べています。





そしてこんな状態で、頻繁にマッサージを施しています。
最近思い出した事、それはそもそも私がマッサージの勉強を始めた理由。
お犬様に施してさしあげたいという心からの想いでした。
すっかり忘れてました(´・_・`)
まずはしっかり人間様で修行させてもらい、いづれその時がきたら、お犬様にも施したいと思っています。





パピー時代は共働きで1日13時間以上サークルの中で留守番させてしまっていたので、帰宅すると毎晩大掃除でした。

そんなダメ親の元でもたくましく育ってくれて、あまり手のかかる子ではありませんでした。





ダメ親なりに罪悪感を常に抱いており、ボビを迎えてわずか3ヶ月ほどで私は勤めを辞めました。
まぁちょうど勤め人には向いていないと悟っていたので、辞めるきっかけをボビに与えてもらった感じです。




2歳になる手前で去勢手術をしたら、びっくりする位落ち着いてしまい、さらに手がかからなくなりました。
仕事で10時間ほど留守番してもらう時でも、せいせいした様子で眠りふけるボビ。
心配なのでSkypeでモニタリングできるようにセットしてありますが、いつ見ても寝ています。





そんな調子なので、せっかくシーザーの番組を観て学んだ事を、ついついサボり続けていたら、最近問題行動が発覚しました。
手足を執拗に舐めるクセが悪化してしまったのです。
痒いのかと思い処置を施してもやめる気配無し。しばらく様子見してたけど、ハッと思い出しました。





シーザーの本全てをオーディオブックで購入して、何度も何度も聴いていた、あの大切な3つのうちの一つが足りてないんだ と。

犬を飼う際の基本3原則

①excercise 運動
②discipline 規律
③affection 愛情

この順番で必ず与えなければならないと言います。

我が家は②の規律が不足しているのでは?と大反省しました。
夫婦会議で真面目に話し合いました。我々が悪いのだという自覚が芽生えるまで。



さっそく初心に戻り、超基本的な玄関の出入り、車の中での対応、散歩時の初歩的なルールを叩き直しました。

シーザーがよく言う、psychological challenge (心理的挑戦) をボビに定期的に与えるようにして、考えること、達成する喜びを得る機会を増やしました。



そして何より、お犬様は飼い主の鏡だということ。
もう一通りやることはやったと思っていた我々は、ボビに甘えすぎていました。

calm-assertive energy 穏やかで毅然とした態度

これが掛けていて、リーダーらしからぬ態度でボビに接していたため、負担が増してしまったのだと思います。
ダメなリーダーの元にいると、自分がどうにかしなきゃと不安になりますよね。

ここも改めガラッと接し方を変えて数日、効果テキメンでした。

長い留守番中、頻繁に様子をモニターしても、手足を舐めることなく、気持ち良さそうに眠り更けています。

とりあえず一安心。

シーザーメソッドは、著書を読むと非常に詳細に具体的に書かれていて勉強になります。
残念ながら日本語訳は出ていないので、頑張って英語を読んでみて下さい。私はリスニング強化のために音声で読みました。
本も持っているので読みたい方、お貸ししますよw

シーザーのサイト www.cesersway.com
音声で読書 www.audible.com
関連記事
スポンサーサイト



| Dogs | 11:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「お犬様は飼い主の鏡」胸にぐさりと来ました。
最近、風太がおトイレが上手く出来ず、何故?出来てたのに、どうして分かってるのにトイレの横でわざわざするの?嫌がらせ?って思ってしまう時があります。
でもそれは風太がいけないのではなく自分なんだ!って思いました。
もう一度最初の気持ちを思い出し、家族との会話や風太を取り巻く環境を考えたいと思います。
「穏やかで毅然とした態度」この気持ちも大切に考えたいと思います。

ボビ君のご飯を前にした顔、可愛いですね~!

| ひろきぬ | 2013/07/04 17:50 | URL |

Re: タイトルなし

ひろきぬさん、私もこのフレーズは胸にグサグサっと刺さりました。
ついつい人は、犬に問題があると思ってしまいがちですよね。
でも本当は全て見透かされていて、人の不安定なエネルギーに犬がただ「反応」していて、それが人からみると犬の問題行動に見える・・・目から鱗がポロポロです。
犬を幸せにする一番の近道が、自分の心を整えること(長谷部風)だとは!
風太君もボビも、来るべくして我々の元にやってきた天使であり心の師匠。

いやぁ、やはり犬っていいですね〜
ボビはご飯を前にするとこの顔で「ふせ」をしますが、臨戦態勢なので胴が浮いてしまいます。
これも良くないらしいので、しっかりふせさせて、主が5回深呼吸してから「よし」となりますw



| HIROMI | 2013/07/05 15:44 | URL |














TRACKBACK URL

http://hiponblog.blog95.fc2.com/tb.php/363-355a7667

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT